小規模事業者持続化補助金 低感染リスク型ビジネス枠について


小規模事業者持続化補助金の低感染リスク型ビジネス枠についてお話いたします。ICS行政書士法人では、昨年、自社の小規模事象者持続化補助金(一般型)が採択されました。これに続き、弊社グループ会社である株式会社オプセルにて「小規模事業者持続化補助金の低感染リスク型ビジネス枠」の応募を行いました。弊所では、クライアントの皆様のご依頼を受けて、代理申請するまでの技術はございませんが、申請した感想をお話いたします。ここで難易度が高いのは「経営計画及び補助事業計画」だと思いました。自社が補助金を用いて進めていく事業の内容を的確に示すことができるかがカギとなるように思います。また、A4用紙5枚にすべてを落とし込む必要があるため、相当な表現力を要すると感じます。画像なども入れられますので、いかにアピールできるかが勝敗を分けると感じました。これは一般型で採択された実績がありましたので、感覚的にわかりました。オプセルでの採択が決まりましたらその事業内容と共に皆様に採択のコツをお示ししたいと考えております。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

ICSグループの御紹介

PC表示SP表示

お問い合わせ