他人の建物の一部が、自分の地所に入り込んでいる問題


他人の建物の一部が自分の地所に入り込んでいる問題はたまにあります。最近の建物ではまずありえないと思いますが、増改築をした際や古くからある建物の場合、遵法意識が乏しかった時代のものや個人で勝手に工事してしまった場合、このようなことが生じます。たとえば、自宅のひさしが他人の家に入り込んでいたり、電線の引き込みが他人の土地の一部を通っていたり、さまざまです。私共でも、ご依頼者から「隣地の電線が入り込んでいるので何とかしてほしい。」というような相談がたまにあります。よく聞けば隣地の方はかなりややこしい方、、、ということもあります。そんな時は、まずは相手方に対して、入り込んでいるものの撤去を内容証明郵便で通知するのが一つの手法です。もちろん、内容証明郵便は、手紙ですので法的拘束力はありません。ただ、後々以前内容証明郵便で違法状態の解消をお願いしたということが、書面で証拠として残りますので、そうした意味では有効と思います。また、内容証明書をもらいなれていない人には「これはまずい!」と思い、撤去してくれる場合もあります。まずは、しっかりと相手に意思を伝えることが重要なのかもしれません。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

ICSグループの御紹介

PC表示SP表示

お問い合わせ