会社経営に欠かせない資金調達、いかに獲得するか。


会社の運営を左右する資金調達。私自身も行政書士法人と不動産会社を経営しておりますので、日々資金繰りとの戦いでもあります。経営者の皆さんであれば、大なり小なり「今月厳しい。。。」「経営がヤバい。。」と思ったことはあるでしょう。会社の経営で最重要なものの一つは「現金」。会社は赤字であったり、債務超過であってもそれだけで潰れるわけではなく、現金がなくなって資金ショートして初めて潰れるのです。だからこそ、現金確保は重要です。経営を始めて間もない方や創業支援の際「借金をして経営するのが怖い」「事業の初めから借金をしていいのか」と聞かれることがあります。業態や手元資金にもよりますが、私は通常YESと答えます。というのは、手元資金を使い経営をすると、状況により手元資金がなくなったとき、にっちもさっちもいかないときがあるからです。お金がある時には銀行はお金がない時には銀行はお金を貸してくれません。だからこそ、ある時にある程度の借り入れをし、ストックしておくことで非常事態に備えるのです。また、最低限の費用を残しつつ、投資に回すこともできます。銀行金利は2%前後ですが、営業利益は数倍、数十倍にもなります。自分自身と会社の現状認識をしっかりと行い、短期、長期の経営戦略を立てつつ、利益を上げるための投資を行う。こうした経営をしていくべきと思います。弊所でも、資金調達支援を行っております。まずは弊所による無料相談をおすすめいたします。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

ICSグループの御紹介

PC表示SP表示

お問い合わせ