相続手続きに必要な戸籍取得の難易度


相続手続きに必要な戸籍を取得することは、行政書士にとってよくやる分野です。通常、相続手続きにつかいものは被相続人(死亡した方)の出生から死亡までの戸籍、相続人全員の戸籍、相続人全員の住民票、被相続人の住民票除票です。特に古い戸籍を取る場合、現在戸籍から過去の戸籍をたどっていくため、素人の方には難しいかもしれません。また、戦災や震災で焼失してしまって出てこないところもある場合があります。実は結構奥が深いのです。これらの資料をさらに集めていくと「家系図」ができるんです。それくらい、集める資料が多くなります。なかなか難しい戸籍取得、弊所ではこの戸籍等書類取得だけをお客様に代わり取得するサービスも行っています。ぜひご利用ください。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

ICSグループの御紹介

PC表示SP表示

お問い合わせ