東京都協力金申請に関するサイトが変わった件=わかりにくくなった。。。


東京都協力金は今年の10月24日で終了となりました。協力金の支給が終わるのを知ってか知らずか不明ですが、10月1日から24日までの申請分について、申請サイトが変更となりました。どういう意味かと言いますと、それ以前の申請フォームとは全く別のフォームに切り替わったということ。この最後の申請だけが別の申請フォームとなっていました。東京都としては今後も続くかもしれない協力金の支給をさらにスムーズにすべく、対応したものでしょうけど、事実上最後の申請について、別のフォームでしたから、申請者側としてはかなりの違和感を感じました。特に添付書類の添付のところ。いままでは、以前オンライン申請していた事業者は、以降の申請において、書類の添付を省略できるとしていました。10月1日からの協力金の申請の手引きでは、以前と同様に添付を省略できると書いてありましたが、ウェブサイトの申請フォームでは「添付書類はすべて添付してください」とされており、全くの矛盾。。。。申請する人は絶対迷うよな~と思いつつ私も代理申請いたしました。案の定、補正の通知が届き、事務局の確認をすることに。そうしたら、やはり手引き通り「以前に提出した資料の添付は不要とのこと」でした。行政も「より便利に、より効率よく」という趣旨で変更を加えたものですから、致し方ないと思いますが、今回の申請フォームのあり方はどうかと思いました。今後、協力金の支給があるかどうかは、感染拡大の如何によるかとおもいますが、仮に今後もこのシステムを使うのであればその点の改善を求めたいと思います。「改善はこちらへ」として改善の提案を受け付けているところはいいですね。いずれにしても、事務局には協力金支給のため日々頑張っていただき、感謝しております。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ

ICSグループの御紹介

PC表示SP表示

お問い合わせ